<更新日:2012年5月20日>
日本毒性学会学術年会でランチョンセミナーを開催

7月17日〜19日の間、仙台で開催された日本毒性学会学術年会にて、ブースの出展に加え、ランチョンセミナーを開催しました。
定員100名を超える参加者で、盛況でした。
当日の講演用紙をご覧ください。
日時: 2012年7月17日(火) 12:15〜13:15
会場: 仙台国際センター 第5会場
演題: 再生医療の現状と今後
演者: 京都大学再生医科学研究所 生体材料学分野 田畑泰彦教授
講演要旨(PDFファイル)


<更新日:2012年3月20日>
Society of Toxicology 51st Annual Meeting/ToxExpo に
ブースを出展

3月11-15日の間、サンフランシスコで開催されたSOTに初めてブースを出展しました。
ブース間の交流も有り、米国を中心としたビジネス展開の可能性を感じてきました。

 


<更新日:2011年11月2日>
創立5周年記念特別講演会を開催
会社創立5周年を記念し、「創立5周年記念特別講演会を下記日程で開催しました。
110名程の参加者で盛大の内に終了することができました。  
日時: 2011年10月28日(金) 13:30〜17:00
会場: アルカディア市ヶ谷
演題: 特別招待講演1 【中国における医薬品登録規制の現状】
演者: 有限会社レギュラトリーサイエンス研究所 代表 秦 武久 先生
演題: 特別招待講演2 【中国における医薬品の開発および申請の現状】
演者: 大塚製薬研発(北京)有限公司 總経理 満 志偉 先生
当日の講演要旨(PDFファイル)


<更新日:2011年7月20日>

2011年7月11日〜13日の間、パシフィコ横浜で開催された「第38回日本トキシコロジー学会学術年会」にブースを出展しました。
多数、弊社ブースにお立ち寄りいただき、ありがとうございました。



<更新日:2011年7月20日>

2011年7月11日〜13日の間、パシフィコ横浜で開催された「第38回日本トキシコロジー学会学術年会」にランチョンセミナーを開催しました。
多数の参加をいただき、ありがとうございました。当日の発表資料を掲載しましたのでご覧ください。
日時: 2011年7月12日(月)12:00〜13:00
会場: 第4会場(301)
演題: 放射線被爆のヒトへの影響 −放射線はどこまで安全か−
演者: 中村仁信先生(彩都友紘会病病院長/大阪大学名誉教授)
当日の講演資料はこちら(PDFファイル) 発表資料

<更新日:2011年4月1日>


多様なニーズに応えるよう、特定派遣労働者事業(特13−313825)を取得しました。

<更新日:2011年2月1日>


神戸ポートアイランドにあります先端医療センター内に神戸の営業拠点として「神戸営業所」を開設しました。

<更新日:2010年6月30日>

2010年6月16日〜18日の間、沖縄コンベンションセンターで開催される「第37回日本トキシコロジー学会学術年会」にブースを出展しました。
弊社ブースにお立ち寄りいただきありがとうございました。


<更新日:2010年6月30日>

第37回日本トキシコロジー学会学術年会(沖縄)にて、独立行政法人 国立成育医療研究センターの小嶋 純先生をお招きして、「医薬品開発をめぐる小児の医療現場の問題点」と題してランチョンセミナーを開催しました。100名ほどの参加をいただき、盛大の内に終了することができました。

日時: 2010年6月17日(月)12:15〜13:15
会場: 沖縄コンベンションセンター 第4会場
演題: 医薬品開発をめぐる小児の医療現場の問題点
演者: 小嶋 純先生(独立行政法人 国立成育医療センター 臨床研究センター)
当日の講演要旨はこちら(PDFファイル)

<更新日:2009年11月20日>
創立三周年記念 特別講演会開催
会社設立3周年を記念し、「創立三周年記念特別講演会を下記日程で開催しました。
100名程の参加者で盛大の内に終了することができました。
日時 2009年11月13日(金) 13:30〜17:00   
会場: アルカディア市ヶ谷
演題: 医薬品業界における電子化申請の動向

演題1  ICHを踏まえた国内の電子化申請並びに医薬品開発におけるIT化の動き
        ヤンセンファーマ株式会社 薬事統括部 薬事部部長 足立武司先生

演題2  EUおよび米国における電子化申請の動き
        Fulcrum Pharma (Europe) Limited
       
Associate Director Regulatory Affairs  
         Nigel Scott, PhD, MRCPath, MTOPRA
             

→ 当日の講演要旨(PDFファイル) 演題1 演題2



<更新日:2009年8月1日>

第36回日本トキシコロジー学会学術年会(盛岡)にて、昭和大学の吉田武美先生をお招きして、「食の安全と最近注目される有用成分の作用機序」と題してランチョンセミナーを開催しました。

日時: 2009年7月6日(月)12:15〜13:15
会場: いわて県民情報交流センター 第一会場 アイーナホール
演題: 食の安全と最近注目される有用成分の作用機序
演者: 吉田武美先生(昭和大学 薬学部毒物学教室教授)
当日の講演要旨(PDFファイル)

<更新日:2009年8月1日>

2009年7月6日〜8日の間、盛岡「いわて県民情報交流センター」にて開催される「第36回日本トキシコロジー学会学術年会」にブースを出展しました。今回も昨年に引き続き、多くのお客様にお立ち寄り頂き、業務の紹介と交流を深めさせて頂きました。


<更新日:2008年8月1日>


2008年日本トキシコロジー学会学術年会にて、財団法人食品薬品安全センター 秦野研究所の代田眞理子先生をお招きして、「卵巣 −その構造と機能」と題してランチョンセミナーを開催しました。

日時: 2008年6月28日(土)12:30〜13:30
会場: 第3会場(国際交流棟1F レセプションホール@)
演題: 卵巣 −その構造と機能
演者: 代田眞理子先生(財団法人 食品薬品安全性センター 秦野研究所)
座長: 高橋道人先生(病理ピアレビューセンター)
→当日の講演要旨(PDFファイル)

<更新日:2008年7月15日>

2008年6月26日〜28日の間、国立オリンピック記念青少年総合センターにて開催された「第35回日本トキシコロジー学会学術年会」にブースを出展しました。今回も昨年に引き続き、多くのお客様にお立ち寄り頂き、業務の紹介と交流を深めさせて頂きました。


<更新日:2008年5月9日>

海外からの問い合わせに対応するため、ホームページの英語版を作成しました。


<更新日:2007年12月13日>
創立一周年記念特別講演会を開催

去る11月30日、会社設立から早1年を迎えたことを記念し、「創立一周年記念 特別講演会」を開催いたしました。
特別講演には、堀井サイエンスアソーシエイト株式会社代表の堀井郁夫様をお招きし、本年3月に開催しました会社設立記念特別講演会に引き続き、医薬品開発に関するご講演をいただきました。

堀井様による講演
<当日のプログラム>
14:30 受付
15:00 開会の挨拶 「(株)スリーエス・ジャパンの業務紹介」
代表取締役社長 萩田孝一
15:30 特別招待講演
「医薬品創生と多様性科学としての安全性評価 −承認申請から見た創薬−」
堀井サイエンスアソーシエイト株式会社 代表取締役社長 堀井郁夫 様
今回の講演では、承認申請から見た創薬のあり方について、演者が経験した実際の成功例、失敗例を挙げながら医薬品創生における安全性評価の重要性について言及していただきました。 →当日の講演要旨はこちら
17:20 閉会の挨拶
17:30 懇親会(〜19:30)

<更新日:2007年9月10日>

このたび、スリーエス・ジャパンではより一層の業務充実を図るため、大阪事務所を開設致すこととなりました。9月10日より、下記事務所にて営業を開始いたしましたのでご案内申し上げます。今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

<所在地>
〒541-0045
大阪市中央区道修4-7-1
グランドタワー淀屋橋4階

TEL: 06-6232-1071
FAX: 06-3232-1072

<お問合せ先>
03-5911-7022
メールでのお問合わせは コチラまでお願いします。

地図をクリックすると拡大します

<更新日:2007年6月27日>

2007年6月27日〜29日に開催された「第34回トキシコロジー学会学術年会」にブースを出展しました。会社設立後、初めての展示となりましたが、多くのお客様にお立ち寄り頂き、業務の紹介をさせて頂きました。


<更新日:2007年3月12日>


2006年11月1日の会社設立を記念して、2006年3月12日に特別講演会を開催しました。特別講演では、ファイザー株式会社中央研究所理事の堀井郁夫様をお招きし、最近の医薬品開発に関するご講演をお願いしました。

ファイザー 堀井様の特別講演
<当日のプログラム>
15:00 受付
15:30 開会の挨拶 「(株)スリーエス・ジャパンの業務紹介」
代表取締役社長 萩田孝一
16:00 特別招待講演
「医薬品の安全性評価者に真に求められるものは?−多様性科学と多様性科学者の接点−」
ファイザー株式会社 中央研究所 理事 堀井郁夫 様
17:20 閉会の挨拶
17:30 懇親会(〜19:30)



Three S Japan Corporation. Copyright (C) 2006 HOME最新情報サービスの流れ 業務受託の流れご契約の形態機密保持についてお問合わせ会社概要